六本木での不妊治療は当然ながら男性側に施すこともあります

サイトマップ

親子

不妊治療にかかった期間と費用

私は二人目不妊で六本木の婦人科に通いましたが、六本木の婦人科に通った期間は半年間です。六本木の不妊治療に通うまでの経緯としてはなかなか子どもが授からず基礎体温を3ヶ月ぐらい計測して様子を見ていても、排卵しているようなグラフにならなかったことでした。結果的に排卵障害ということになり、排卵誘発剤の内服薬を処方されました。
排卵誘発剤での治療は排卵期後に排卵しているかどうかを内診で検査する時に受診をして、していなければ次回の薬をもらうという流れでした。月に1回の受診で良かったので、病院にかかるという負担は少なくて済んでいました。2歳の子どもを連れての通院だったので頻繁に通うことはなくて助かりました。費用面でも検査、薬代などを含めて、月5,000円程度の負担でした。
それを4周期ぐらいして、排卵誘発剤の注射の治療に切り替えました。誘発剤の注射は生理が来てからしばらくした頃に卵胞を育てるために隔日で3回注射を打ち、排卵させるために1回注射を打ちました。注射に切り替える際に費用面でも不安が強かったのですが、月々にして1万円程度の負担だったので、それほど高くなく許容範囲で不妊治療できることで安心しました。私は通院期間は半年で授かれたので、まだ早い方だったと思います。通院にかけるエネルギーや、不妊治療にかける精神的な負担などを考えると、なるべく早く結果が出せると良いと思いました。

不妊治療の種類について

色々な方法が六本木の不妊治療にはあります。その細かいことをよく知っておくとよいでしょう。まず、物凄く大雑把にわけますと二つのタイプがあります。それが一般不妊治療と生殖補助医療になります。多くの場合六本木の、六本木の不妊治療といいますと生殖補助医療のほうをイメージする人が多いです。要するに体外受精などであり、非常に高度な医療技術と設備がひつよになります。
体外受精といってもさらに細かい種類がありますから、一概にこの二つに分けることができるわけではないのですが、まず簡単に理解しておくべき区分といえるでしょう。しかし、意外と効果が高くてお勧めできるのがまずは一般不妊治療なのです。
これは体に対しての負担がそんなに大きいわけではなく、また費用的にもそこまで高額ではないです。例えば性交タイミング指導などはその一つであるといえます。意外とどのタイミングで子づくりをすれば成功率が高くなるのか、ということを理解していない人がいます。そうしたことを指導するのも十分に六本木の不妊治療といえるのです。また、これは体に少なからず負担があるのですが薬物療法も一般不妊治療です。排卵を促すような薬などが女性側にあります。男性側としては精子を増やすことができる栄養剤などが処方されることがあります。

不妊検査を受診すると

不妊検査で六本木で婦人科を受診すると、不妊治療の前に初めに問診があります。問診票には、初潮の年齢、生理の周期・量・痛み、妊娠・中絶・流産それぞれの有無・回数などを書きます。それをもとに、医師と六本木での不妊治療の話をしますので正確に記入します。また、基礎体温を測っている場合は基礎体温表を持っていくとよいです。続いて、内診と超音波(エコー)を使って子宮の様子を診察します。エコーによって、子宮、卵巣の大きさがわかります。次に具体的な検査です。
一つ目に、フーナーテスト。排卵日近くに性交渉を持ち、精子の進入具合を調べます。二つ目は黄体機能検査。採血して、血中の黄体ホルモンの値を調べます。値が低い場合には黄体ホルモンの補充、さらには排卵誘発剤を使用することもあります。三つ目は頸管粘液検査。排卵日近くにおりものの検査をします。おりものが、排卵日に近づくにつれ、透明がでて量が増え、粘度が高くなっているかを見ます。
四つ目は通水検査。子宮口に蓋をして生理食塩水を注入し、その感触で卵管のつまりがないかを検査します。五つ目は子宮卵管造影検査。子宮の中に造影剤を入れてX線写真を撮ります。この検査では、卵管の通り具合、卵管采の癒着などがないかを調べます。六つ目は精液検査。ご主人の精液検査です。この検査では、精子の運動率、量、スピートを検査します。
このような検査を行って、具体的にこれからどのように六本木で不妊治療していくか、また方法などを決めていきます。

新着情報

2017年01月05日
不妊治療を受けるにあたって気を付けたことを更新しました。
2017年01月05日
卵管造影検査で挙児に成功を更新しました。
2017年01月05日
自分の人生を後悔しないためにを更新しました。
2017年01月05日
不妊治療は原因をよく知ることを更新しました。
TOP